iPhoneのスクリーンタイムパスコードを解除する裏ワザ4選

目次

関連おすすめソフト

スクリーンタイムを設定したパスコードを忘れた場合にiPhoneの利用時間制限が解除できないと不便になります。Passvers iPhoneロック解除を使えば簡単な操作でスクリーンタイムを解除し、制限パスワードを取得することができます。無料利用で今すぐお試しを!

iPhoneやiPadでのスクリーンタイム機能はiOSデバイスの使い過ぎを防止するために、アプリの利用時間を確認してのデバイス使用に制限をかけることができます。保護者が子供のiPhoneの機能制限を設定する時に活用されています。パスコードを設定することによりスクリーンタイムの管理者を保護者などに限定することができるが、場合によって制限を解除して設定を変更するのが必要となります。またスクリーンタイムのパスコードを忘れて、スクリーンタイムの設定を変更できなくてスクリーンタイムの解除もできない場合もあるでしょう。

そのため、本記事ではパスコードを忘れた場合、iPhoneやiPad などiOSデバイスのスクリーンタイムを強制解除する裏ワザを紹介します。

iPhoneのスクリーンタイムとは、iPhone/iPadの1週間分の使用時間、アプリごとの使用時間、または1時間あたりの使用回数を集計し、通知する機能です。また、遠隔操作により、iPhoneや各種アプリケーションの利用を制限することも可能です。ファミリーシェアリングと連携し、ファミリーシェアリング管理者が各参加者の端末を管理・操作することも可能です。これにより、保護者は自分や子どもが各アプリにどれくらいの時間を費やしているかを把握し、必要に応じて制限を設けることができます。

iOSデバイスのアンロックのために開発した専門的な Passvers iPhoneロック解除 では 「パスコード解除」・「Apple ID消去」・「スクリーンタイム解除」 といった三つの実用な機能が提供されています。iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた場合には、本ソフトを利用すれば、Apple IDとパスワードが分からなくても、データを失わずに既存のスクリーンタイムを解除して再び設定することができます。iOS 16まで最新のiPhone/iPadのスクリーンタイム解除も対応可能です。

「Passvers iPhoneロック解除」 無料ダウンロード:

操作手順はシンプルで、初心者でも手軽に使えます。次はこのiPhoneロック解除ツールを利用して、スクリーンタイムを素早く解除する裏ワザを紹介します。

ステップ1、ソフトをPCにインストールして起動すれば、メイン画面では三つの機能を選択できます。どの機能を利用するためにもパソコンに最新版のiTunesをインストールする必要があります。

スクリーンタイムを解除する場合には 「スクリーンタイム」 を押してください。

ロック解除ソフト メイン画面

ステップ2、次にはiPhone・iPadをUSBケーブルでPCに繋いでください。すると、ソフトは自動的に接続したiPhone・iPadを認識し検出します。

スクリーンタイム消去 デバイスに接続

ステップ3、では、次の画面で 「スタート」 を押して、スクリーンタイムのパスコードを解除し始めましょう。

スクリーンタイム 解除開始

ステップ4、本ソフトでスクリーンタイムのパスコードを解除するためにはiPhoneでの 「iPhoneを探す」 機能をオフにする必要があります。 「iPhoneを探す」 機能がオンになっている場合に、ソフト画面で表示される指示に従って 「iPhoneを探す」 機能をオフにします。

PCに接続

ステップ5、「iPhoneを探す」 がオフになると、数秒後にスクリーンタイムが強制解除されます。次にはソフト画面での注意事項を確認して、「OK」 をクリックしてください。

スクリーンタイムのパスコードを解除した後の注意事項

1、iOS端末の初期設定画面でアプリとデータを設定する場合には 「Appとデータを転送しない」 を選択します。

2、初期設定画面でスクリーンタイムを設定する時には、「あとで“設定”でセットアップ」 を選択します。

どちらでも、iPhoneのスクリーンタイムが成功に解除され、パスコードが完全に削除されることを確保するためです。

スクリーンタイム 解除成功

スクリーンタイムでは他人にパスコードを設定されてしまった場合にも、このスクリーンタイム解除機能を活用すれば、簡単にスクリーンタイムをリセットして使用制限を解除できます。スクリーンタイムの制限を掛けられることなく、思う存分にiPhone・iPadを使ってみたいなら、ぜひ本ソフトのロック解除機能を試してください。スクリーンタイムのパスコードだけではなく、iPhoneの機能制限や年齢制限を解除することができます。

「Passvers iPhoneロック解除」 無料ダウンロード:

また、iPhone自体の「設定」をリセットする方法もあります。操作は簡単ですので、以下の手順で行ってください。
まず「設定」を開き、「スクリーンタイム」に進みます。次に「App使用時間の制限」をタップし、任意のアプリ/カテゴリをタップします。「使用量制限終了時にブロック」をオンにします。

iPhone・iPadのスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合の対処法として、新しいパスコードを設定できます。そして、自分用のiOSデバイスやファミリー共有された子供のiOSデバイスによってリセットする方法も異なります。スクリーンタイムを解除したいですがパスコードを忘れてしまったら、以下のスクリーンタイムのロックを解除する方法を試しましょう。

スクリーンタイムのパスコードを解除する手順

1、「設定」 アプリ> 「スクリーンタイム」 > 「スクリーンタイム・パスコードを変更」 を選択します。
2、もう一度 「スクリーンタイム・パスコードを変更」 を選び、そして 「パスコードをお忘れですか?」 をタップします。
3、スクリーンタイムの元のパスコードを設定する時のApple IDとパスワードを入力します。
4、新しいスクリーンタイム・パスコードを入力した後、もう一度新しいパスコードを入力して確認します。設定が済んだら、スクリーンタイムが解除されます。

パスコードを変更

子供のiPhone・iPadスクリーンタイムを解除する

1、ファミリー共有の管理者の 「設定」 アプリ> 「スクリーンタイム」 > 「ファミリー」 で子供の名前を選択します。
2、「スクリーンタイム・パスコードを変更」 をタップし、そしてもう一度 「スクリーンタイム・パスコードを変更」 を選びます。
3、端末のパスコード、そしてFace IDやTouch IDで認証します。
4、新しいスクリーンタイム・パスコードを入力した後、もう一度新しいパスコードを入力してスクリーンタイムを解除します。

子供 スクリーンタイム 解除

上記の三つの方法でもスクリーンタイム制限をうまく解除できない場合、iPhoneを初期化することでスクリーンタイムを解除する方法を試してみましょう。iPhoneを初期化すると内のデータもすべて消えてしまうので、実施する前にiPhoneデータのバックアップを取っておいてください。データの紛失を心配するなら、  iOSデータバックアップ・復元 というソフトを利用して二重バックアップを取りましょう。

設定からiPhoneを初期化してスクリーンタイムを解除する

1、iPhoneで 「設定」>「一般」>「リセット」 の順にタップします。

iPhone 初期化

2、 「すべてのコンテンツと設定を消去」 をタップすると、 「書類とデータをiCloudにアップロード中です」 と表示されます。 「アップロードを完了して消去」 または 「今すぐ消去」 を選択します。

iPhone 設定消去

3、iPhoneのパスワードを入力して、スクリーンタイム・パスコードを入力します。次の画面で 「iPhoneを消去」 をタップしてから、Apple IDとパスワードを入力し、スクリーンタイムの初期化が開始します。これで、スクリーンタイムの解除が完成です。

iPhone スクリーンタイム解除

iTunesからiPhoneを初期化してスクリーンタイムを解除する

設定でiPhoneを初期化するだけでなく、iTunesやiCloud経由でiPhoneを初期化することで、スクリーンタイムを解除することができます。まず、iTunesからiPhoneを初期化してスクリーンタイムを解除する手順を説明します。
1、iTunesを起動し、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。そして、「iPhone」 > 「一般」を選択し、「今すぐバックアップ」を選択します。
2、バックアップが完了したら、「iPhoneを復元」を選択します。 プロンプトが表示されたら、もう一度「復元」を選択します。
3、iPhoneが初期化され、スクリーンタイムのパスワードが消えます。
iPhone 復元

iCloudからiPhoneを初期化してスクリーンタイムを解除する

ここでは、iCloudからiPhoneを初期化し、スクリーンタイムを解除する方法を紹介します。
1、まず、パソコンのブラウザからiCloudにアクセスし、サインインしてください。
2、地図上でiPhoneを選択し、「iPhoneを削除」を選択します。
3、その後、iPhoneが初期化され、スクリーンタイムパスコードが消えます。
iPhone 削除
iPhoneを初期化することでスクリーンタイムを解除するという裏ワザが便利に見えますが、前もってバックアップを取ってもデータが失われるリスクがあります。しかもApple IDとパスワードが必須です。他人に掛けられたiPhoneスクリーンタイムの解除に使えない場合もあります。

スクリーンタイム制限を解除したら親にバレるか?

スクリーンタイムの制限を解除することで、いつでも好きな時にスマホで遊べるようになります。しかし、スマホの使用状況では、どのアプリをどれくらい使ったかがわかるので、親がスマホをチェックすればやはり気づかれるでしょう。ファミリー共有を設定している場合は、ご両親のスマホで見ることができます。

スクリーンタイムパスコードを解除できない?

上記の方法でスクリーンタイムを解除できない場合は、iPhoneをリカバリーモードにしてみてください。設定からの初期化と同様に、端末のデータはすべて失われますので、データのバックアップを忘れずに行ってください。

以上、iPhone・iPadなどのiOSデバイスのスクリーンタイム・パスコードを解除する裏ワザを紹介しました。スクリーンタイムを削除したいだけなら、スクリーンタイムのリセット設定方法を選択できます。初期化方式は、データ消失のリスクがあります。大事なデータを失うことなく、スクリーンタイム制限を解除したい場合は、専門的な Passvers iPhoneロック解除 を活用してみましょう。iPhoneスクリーンタイムを解除するために必要なものはそれぞれ違いますので、状況に応じてやり方を活用してお使いの端末のスクリーンタイムを管理してみてください。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments