「iPhoneは使用できません iTunesに接続」とパスワードを間違えすぎた時の対処法

目次

関連おすすめソフト

「iPhoneは使用できません iTunesに接続」という画面になってしまった場合、「 Passvers iPhoneロック解除」を使えば、データが消去されることなく、手軽にロックされたiPhoneを使用できない状態から脱出させ、正常に使えることにします。無料利用で今すぐお試しを!

誤ったパスワード・パスコードをiPhoneに連続6回以上入力して、ロック解除に失敗すれば、 「iPhone・iPadは使用できません XX分後にやり直してください」 が表示されて、続けてパスコードを入力することができなくなります。

画面に表示されたメッセージの通りに、XX分後に正しいパスワード・パスコードを入力すればロックを解除してiPhoneを利用できますが、もしiPhoneのパスコードを11回も間違えてしまうと、パスワードを間違え過ぎたせいで 「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」 と表示されるにつれ、iPhoneがロックされ、アクセスできなくなります。

そのほか、iOSアップデートが終了してiOS端末が起動する時にも「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」となって突然のエラーで画面ロックが解除できない場合があります。この記事では、パスコードを間違えすぎて、手元のデバイスは「iPhoneは使用できません iTunesに接続」の状態になってしまった場合の対処法を紹介します。

iPhoneを使用できません

iPhone やiPadなどiOSデバイスには、パスコードの連続失敗回数によって、次の入力を待つ時間も異なっています。パスコードの入力ミス回数が増えると、制限される時間もどんどん長くなります。

  • 1回目〜5回目まではパスコード入力の試行回数
  • 6回目でパスコードを間違えると、1分間ロックされる
  • 7回目でパスコードを間違えると、5分間ロックされる
  • 8回目でパスコードを間違えると、15分間ロックされる
  • 9~10回目でパスコードを間違えると、60分間ロックされる
  • 11回目でパスコードを間違えると、「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示され、iPhoneが無期限にロックされる

ヒント:「Face IDとパスコード」 の 「データを消去」 を有効にした場合、間違ったパスコードを10回入力すると、iPhone内のすべてのデータが消去されます。

「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示されるのは、ほとんどお使いのiPhoneの画面ロックのパスコードを10回以上も間違えて入力してしまった場合です。 例えば:

  • iPhoneのパスコードを忘れてしまって入力ミスを重ねる
  • 子供はiPhoneを弄って、ロック画面を何回もタッチする
  • 誰かがiPhoneのパスコードを推測してロック解除しようとする

「iPhoneは使用できません iTunesに接続という問題を解決できる方法があるのか。初期化したくないですが。」と質問をする人が多いですが、残念ながら、入力ミスで「iTunesに接続」の状態になると、iPhoneを元々使っていた状態に戻すには、初期化を実行しなければなりません。

ヒント: iPhoneを初期化する前に、iPhoneのバックアップを取ってください。iTunes、またはiOSデータバックアップ・復元を使って、iPhoneを無料でバックアップできます。

iPhoneのパスコードを忘れてしまってロック解除に失敗した時、「iPhoneは使用できません」と表示されたが、iTunesに接続できない場合は、専門的なロック解除ソフトを利用すれば、この状態からiPhoneを復活することが可能です。

iOS専用のロック解除ソフト Passvers iPhoneロック解除 を利用すれば、iTunesを使わずに、簡単にiPhone・iPadを初期化して、画面ロックのパスコードを解除できます。数クリックだけで初期化を完遂できるので、iPhone がiTunesに接続できない時のiPhoneを初期化するための最善策です。「iPhone/iPadは使用できません iTunesに接続」となったデバイスの問題をできるだけ早く解決したいなら、ぜひこのソフトを活用してください。

注意事項:
1、初期化によって、iOS端末の中のすべてのデータが削除されます。バックアップを作成した場合にはその後では初期設定画面でバックアップからデータを復旧できます。
2、パスコードが解除されると、端末のバージョンが自動的に最新にアップデートされます。
3、「iPhoneを探す」をオンにしていた場合、iCloudのパスコードを入力してiPhone・iPadを初期化する必要があります。

それでは、iTunesを使わずに「iPhoneは使用できません iTunesに接続」となったiPhoneを元の状態に復元する手順を紹介します。

ステップ1、まずは「Passvers iPhoneロック解除」をパソコンにダウンロードしてインストールしてください。そしてソフトを起動して、メイン画面では 「パスコード解除」、「Apple ID消去」、「スクリーンタイム」 三つの機能が選択できます。

Passvers iPhoneロック解除

ステップ2、「パスコード解除」 を選び、そして「スタート」を押して、「iPhone/iPadは使用できません」となった端末をパソコンと接続します。

「スタート」をタップ

ステップ3、次には接続したiOS端末の詳細情報を確認します。一般的には端末の詳細がソフトに自動的に検出されますが、それは正しくない場合にはデバイスのカテゴリ・タイプ・モデルを自由に変更できます。そして 「スタート」 を押してください。

ロック解除を始める

ステップ4、これで画面ロック解除するためのファームウェアパッケージがダウンロードされます。ダウンロードが終了した後、「アンロック」 を押せば最後の確認画面に入ります。ここで 「0000」 を入力し、再び 「アンロック」 を押して、iPhoneの初期化を実行します。

「0000」を入力し

iPhone/iPadのパスコード解除と初期化の進捗状況はソフトで確認できます。その間にiPhone・iPadは自動的にリカバリーモードに入ります。もし端末がリカバリーモードにならなくても、ソフトのガイド画面に従ってリカバリーモードにすることが可能です。

パスワード解除 成功

「iPadは使用できませんiTunesに接続」が出た場合でもこの方法を利用して、問題を解消することができます。

もし上記の方法でも「iPhone/iPadは使用できません iTunesに接続」エラーを解決できなかったら、iOSの異常状況を解決できるソフト Passvers iOSシステム修復 を利用してみてください。

注意: 本ソフトを利用してiPhone・iPadの不具合を解決するためにはその中のデータを消去する可能性があります。

ステップ1、インストールした「Passvers iOSシステム修復」を起動してメイン画面が表示されます。

メイン画面

ステップ2、「iPhone/iPadは使用できません」となったデバイスをパソコンに接続して「スタート」を押して、デバイス問題を修復し始めます。

ステップ3、修復モードの選択画面でモードを選びます。「標準モード」はデバイスのデータを消去しませんが、「高級モード」はデータを削除します。

高級モード 選択

ステップ4、次にはiPhoneをDFUモードにすることです。DFUモードにした後、ソフトの修復プロセスが続行されます。

リカバリモード

ステップ5、次にはデバイスの情報を選択する画面です。接続したiPhone・iPadの詳細情報がソフトに検出されます。表示された情報を確認して「修復」を押してください。

情報確認

ステップ6、これで修復が始まります。システム修復用のファームウェアパッケージがダウンロードされ、ダウンロードが終了するとデバイス修復が始まります。

フリーズしたiPadを修復

注意すべきなのは、ダウンロード・修復の時、デバイスとパソコンの接続状態を維持してiOSデバイスを操作しないでください。「修復が完了」が表示された後、iPhone・iPadは使用できるようになるかどうか、確認してみてください。

「iPhone/iPadは使用できません iTunesに接続」のメッセージの通りに、この不具合が発生する場合にはiPhone・iPadをパソコンに接続して、iTunesでの「iPhone/iPadを復元」機能を通じて、端末を初期化して問題を解決できます。しかし、iPhoneをPCに繋いでもiTunesに接続できない・認識されない場合もあります。万が一、このような反応しない場合、ロック解除ソフトを利用した方がおすすめです。

でも、この復元方法を利用するためには、その前にパソコンでiPhoneとiTunesを同期してバックアップを作成したことが必須条件です。初期化によって消去されたデータもiTunes のバックアップから簡単に取り戻せます。

ステップ1、iPhone・iPadなどのiOS端末をパソコンに接続し、そしてiTunesを起動します。
ステップ2、iTunesに表示されたiPhoneマークを押して、左側の「概要」を選びます。
ステップ3、「iPhoneを復元」/「iPadを復元」を押して復元を始めます。

iTunesのバックアップから復元

ステップ4、これでiOS端末のパスワードとデータが削除されて、端末が初期化されます。その後には復元された端末を新しいiPhone・iPadとして設定することができます。初期設定画面で 「iTunesのバックアップから復元」 を選択して、iTunesのバックアップからデータを復元されたiPhone・iPadに取り戻しましょう。

Appとデータ

iPhoneをiTunesに同期していない場合、「iTunesはパスワードで保護されているため、iPhoneに接続できません。iPhoneでパスワードを入力してからiTunesと一緒に使う必要となります。」と似たようなメッセージが表示されます。おそらくiPhoneのロックを解除しないとiTunesにアクセスできない設定になっています。そうなるとiPhoneをリカバリーモードにしてからでないと初期化できません。リカバリーモードのやり方は下記を見てください。

ステップ1、iPhoneの電源を切ります。

ステップ2、USBケーブルをiPhoneに差し込みますが、iPhoneとパソコンは接続しないようにしてください。そして、iTunesを起動します。

ステップ3、ロックされたiPhoneをリカバリーモードにする:iPhone 8 以降の場合、まずボリュームアップボタンを押してすぐに離し、次にボリュームダウンボタンを押してすぐに離し、サイドボタンを押しながらiPhoneをパソコンに接続します(iTunesが開いていることを確認してください)。

その他の機種については、iPhoneをリカバリーモードにする方法をご覧ください。

ステップ4、「iPhoneは使用できません iTunesに接続」の画面が以下の画面になるまでに、サイドボタンを押し続けます。

iPhone リカバリーモード

ステップ5、リカバリーモードになってから、iTunesでは以下のようなウィンドウが表示されるので、「復元」ボタンをクリックします。

iTunes 復元

もしiPhone・iPadの 「デバイスを探す」機能がオンになっている場合、「iPhoneを消去」機能でiPhone・iPadを初期化することで、「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」問題を解決できます。iTunesに接続できない場合、或いはパソコンがない場合に、端末のパスコード・画面ロックの解除が失敗してしまったら、この方法を試すことをお勧めします。

この方法でiPhoneを初期化した後、消去されたデータはiCloudのバックアップから復元できます。もちろん、その前にはiCloudでバックアップを取っておく必要があります。

操作手順:

ステップ1、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインします。

ステップ2、サインインした後、iCloud画面で「iPhoneを探す」を押して、「全てのデバイス」を選び、その中から初期化したいデバイスを選択します。

ステップ3、「iPhoneの消去」を押して、デバイスが初期化されます。

ステップ4、これで端末を新しいiPhone・iPadとして設定することができて、初期設定画面で「iCloudバックアップからデータを復元」などを選び、作成したバックアップからデータを復旧できます。

iPhoneの消去

上記の方法で「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」問題を解決した後、再びiPhoneやiPadのパスコードを間違え続けるせいでiOS端末がロックされ、使用できない状況を防止するためには、次の対処法をお勧めします。

1、パスコードの代わりにTouch ID(指紋認証)やFace IDを使用する
2、iTunes・iCloudなどで定期的にバックアップを作成しておく 3、「データ消去」機能を無効にする 4、タップしてスリープ解除の機能をオフにする

パスワードを紛失してしまうと、色々と取り返しができなくなりますので、ぜひご注意ください。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments