iPhoneのアクティベーションロックを解除する裏ワザ

目次

関連おすすめのソフト

iPhoneの画面にアクティベーションロックが表示される時に、専門的なロック解除ツール「Passvers iPhoneロック解除」を使えば、簡単な操作でiPhoneのアクティベーションロックを強制解除することができます。無料利用でぜひお試しください。

iPhoneを起動する時、初期設定画面に入る前に、アクティベーションロックの画面が表示されることもあります。このアクティベーションロックを解除しないとiPhoneを使用できませんので、ここではアクティベーションロックの解除方法をまとめて説明します。アクティベーションロックを強制解除したい場合には役に立てるかもしれません。

アクティベーションロックが表示されるのは、iPhoneの元のApple IDがサインインしているますので、専門的なiPhone Apple ID消去ソフト「Passvers iPhoneロック解除」を活用すれば、iPhoneの以前のApple IDを削除してアクティベーションロックを手軽に解除することができます。次にはその使い方を説明します。

ステップ1 、「Passvers iPhoneロック解除」をWindowsやMacにインストールした後、ソフトを起動し、三つの機能から 「Apple ID 消去」 機能を選びます。

Passvers iPhoneロック解除

ステップ2 、次にはiPhoneをPCに接続してください。 「信頼」 を押せばソフト側はiPhoneを認識します。

信頼問題の設定

ステップ3 、では、「Apple ID消去」機能を始めます。 「スタート」 を押す前には注意事項を読んでください。Apple IDを削除するとともに、iPhone・iPadの中の全てのデータも完全に削除されますので、事前にiPhoneの中の大切なデータをバックアップしておくことをお勧めします。そしてApple ID消去機能の実行中にはiPhoneとPCの接続を切らないでください。

注意

ステップ4 、Apple IDの削除が始まるとプログレスバーが表示されます。Apple IDの削除は数分かかります。少々お待ちください。Apple ID削除の結果はデバイスの「iPhoneを探す」によって異なります。

「iPhoneを探す」がオフになっている時:

iPhoneにサインインしたApple IDが削除される同時に、デバイス上のデータもすべて削除されます。そしてiPhoneが自動的に再起動します。

「iPhoneを探す」がオンになっている時:

iOS11.4以降のiPhoneはすべてのデータが削除される同時に、iPhoneのiOSバージョンが最新にアップデートされます。iOS 11.4以前のiPhoneはApple IDが削除されてもiOSデバイス上のデータは削除されません。

Apple ID消去 成功

元のApple IDを削除すれば、iPhoneとApple IDのリンクも解除されますので、アクティベーションロックも解除されるはずです。でも、アクティベーションロックが二度と表示されないために、最後の注意事項もぜひ読んでください。

ご注意: このソフトでApple IDを削除した後、iTunesを通じてのiPhone・iPadの「アップデート」と「復元」はしないでください。そしてiOSデバイスの「すべてのコンテンツと設定を消去」機能も利用しないでください。

さもないと削除されたApple IDが再びiPhone・iPadにリンクするようになり、アクティベーションロックが再び表示されるかもしれません。それなら、削除されたApple IDとパスワードなどがわからないと正常にiPhoneを起動できません。

iPhoneのアクティベーションロックを解除するためにはApple IDとパスワードを入力する必要があるとも言えますが、iPhoneが手元にない場合にもiCloudを通じてもアクティベーションロックを解除できます。

ステップ1 、パソコンやスマホでiCloudの公式ページにアクセスして、アクティベーションロックがかかったiPhoneに設定したApple IDでiCloudにサインインします。

ステップ2 、次には「iPhoneを探す」を選び、「全てのデバイス」からアクティベーションロックを解除したいiPhoneを選びます。

ステップ3 、そして「iPhoneを消去」を選択すればiPhoneの中のデータ全て消去します。そして「アカウントから削除」を選択すればApple IDとiPhoneのリンクが解除されますので、iPhoneのアクティベーションロックも解除されます。

iCloudメイン画面

アクティベーションロックがかかっているiPhoneは「iPhoneを探す」をオフにしました。そして最近iTunesで同期したことがある場合、iTunesの強制初期化方法でアクティベーションロックを解除できます。

ステップ1 、iPhoneの機種によってリカバリーモードに入ります。

ステップ2 、パソコンのiTunesを最新バージョンにアップデートした後、リカバリーモードになったiPhoneをパソコンと接続してください。

ステップ3 、iTunes側がiPhoneを認識すると次のウィンドウが表示されます。「 復元 」を押してください。これで間もなくiPhoneの初期化が始まります。アクティベーションロックが解除されましたら、アクティベーションロック画面が表示されなくなります。

iTunes 復元

上記の方法でアクティベーションロックを解除しようとしても失敗する可能性があります。何度も失敗すると、やはりAppleサポートに連絡して、アクティベーションロックの問題を説明し、アクティベーションロックの解除を依頼することをお勧めします。

直接お近くの営業しているApple Storeに行ってお問い合わせやロックの解除を求めることができますが、人数制限によって入店を待つ可能性もありますので、アップルの公式ページでお近くのApple Storeの状況を確認しながら、下記の方法でAppleサポートに連絡してみてください。

アップルのお問い合わせページにアクセスします。「iPhone」>「Apple IDとiCloud」>「アクティベーションロック」>「はい」の手順でサポート方法を選んでください。

ただしアップルに連絡しても必ずロックを解除できるわけではありません。Appleサポート側はアクティベーションロック解除の理由を聞く可能性がありますので、状況によって解除の依頼を受けないかもしれません。

Apple Storeメイン画面

アクティベーションロックの解除方法というとiPhoneの元の所有者に連絡できると簡単に解決できますが、前の持ち主に連絡できない、或いは既に中古のiPhoneのApple IDとパスワードを忘れてしまった場合には、上記の専門的なロック解除ツール「Passvers iPhoneロック解除」を活用して、問題を解決してみてください。

2 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments