【2022最新】iPhoneの画面ロックを解除する裏ワザ8選

目次

関連おすすめソフト

iPhoneの画面ロックのパスコードをうっかり忘れた時、信頼できる専門的なロック解除ツール「Passvers iPhoneロック解除」を使えば、数分だけでiPhone画面ロックのパスコードを簡単に解除できます。無料利用で今すぐお試しを!

iPhoneでパスコードを設定しておけば、iPhone画面はロックされて、パスコードを入力してロックを解除しないと使用できないようになります。これで、iOS端末内のデータや個人情報を保護できますが、パスコードを忘れたらデバイスを操作できなくなるととても不便な事態になります。無理やりにパスコードを入力してしまうと、iPhoneがロックされて「使用できません」状態になってしまう可能性があります。

そのため、パスコードを忘れた時にiPhone・iPadの画面ロックを安全に解除するための裏ワザを紹介します。iPhone14/iPhone14 Pro/iPhone 13/12/11を含む、すべでのモデルで適用します。

裏ワザ1、専門ツールでiPhoneパスコードを強制解除するHOT!(初期化なし)

最も効果的な裏ワザというと、iOS端末向けのロック解除ソフト「Passvers iPhoneロック解除 」を利用した方法です。このツールを使えば、iTunesを使わずに簡単にiPhoneやiPadのパスコードを解除できます。シンプルな使い方で、iPhone・iPadのパスコードを緊急解除したい時に最適です。まずはこのソフトをパソコンにダウンロードして、インストールしてください。最新のiOS 16に対応済みで、iPhone 14 シリーズに属するすべての新型モデルまで完全対応しています。

ステップ1、 インストールしたソフトを起動した後、「パスコード解除」機能を選択します。

ロック解除ソフト メイン画面

ステップ2、 次には「スタート」をクリックして、ロック解除したいiPhoneやiPadをUSBケーブルでパソコンに繋いでください。

パスコード 解除

ステップ3、 接続したiOS端末がソフトに検出されると、iOS端末の詳細が自動的に認識されるはずです。ソフト画面に表示された端末のカテゴリ・タイプ・モデルは正しくない場合、ユーザーは自分で変更することもできます。デバイスの情報を確認した後、再び「スタート」を押してください。

機種情報

ステップ4、 次にはファームウェアパッケージをダウンロードする画面に入ります。ここではダウンロードの進捗情報をチェックできます。その前には既にファームウェアパッケージをダウンロードした場合であれば、もう一度ダウンロードする必要はありません。

ファームウェア ダウンロード中

ファームウェアパッケージのダウンロードが終了すれば、「アンロック」をクリックしてください。

ステップ5、 これで最後の確認画面に入ります。「0000」を入力し、そして再び「アンロック」を押せば、iPhone・iPadパスコードの解除が始まります。

iOSデバイス アンロック

パスコードのロック解除の進捗状況はソフト画面で確認できます。進捗状況が20%になると接続したiPhone・iPadが自動的にリカバリーモードになるはずです。

もしiPhone・iPadが自動的にリカバリーモードにならないなら、ソフト画面ではリカバリーモードに入るガイドが表示されます。端末のタイプに応じてiOSデバイスをリカバリーモードにしてください。

iPhone リカバリーモード

ステップ6、手元のiPhoneがリカバリーモードに入るとパスコード解除プロセスが続行するようになります。ロック解除プロセスが成功すると画面のパスコードが解除されます。その同時に、端末のTouch IDやFace IDなども解除されて再び設定することが可能です。

画面パスコード 解除成功

より直感的に操作できるビデオチュートリアル:iPhoneのパスコードを解除

より多くのiPhone向けのロック解除ツールは「iPhone画面ロック解除ソフトおすすめ」までチェックできます。もちろん、ソフト「Passvers iPhoneロック解除」を利用した他にも、様々な方法でiPhone・iPadの忘れたパスコードを解除できます。下記の裏ワザを参考にしてください。

裏ワザ2、iCloudの「iPhoneを探す」機能でiPhoneパスコードを解除する

iPhoneで「iPhoneを探す」機能をオンにした場合、iCloudでiOS端末を消去してiPhoneのパスコードを解除することができます。

ステップ1、iCloudにログインした後、メニューから「iPhoneを探す」を選択してください。

iPhoneを探す iCloud

ステップ2、次にブラウザ画面ではすべてのApple IDにサインインしているデバイスが表示されます。そして、画面上の「すべてのデバイス」からパスコードを解除したいiPhone・iPadを選び、「iPhoneの消去」「iPadの消去」を選択してください。

icloud iPhoneを消去

これで、指定したiOSデバイスのパスコードは解除されて、ロックされたiPhone・iPadが初期化されてその中のデータもすべて削除されます。もしiPhone・iPadのバックアップを作成しておいたら、その後にはもう一度デバイスを設定してからバックアップからデータをiOS端末に復元することが可能です。

裏ワザ3、Apple IDを利用してiPhone画面のロックを解除する

iPhoneがiOS15.2以降であれば、パスコードを何回も間違って入力すると、セキュリティロックアウトモードになります。ロック画面でiPhoneを消去することで、iPhoneパスコードをリセットして、ロックを解除するのはもう一つの裏ワザです。この方法はパソコンを持っていない方に適します。

ステップ1、iPhoneでパスコードを何度間違えて入力してください。後で再試行するように求められるはずです。そして、セキュリティロックアウト画面になり、下に「iPhoneを消去」プションが表示されます。

ステップ2、「iPhoneを消去」をタップし、Apple IDとそのパスワードを入力して、画面ロックのパスコードを含む、iPhoneのすべての設定が消去されます。

ステップ3、iPhoneを再起動し、デフォルトの手順に従ってiPhoneをセットアップします。

セキュリティロックアウト画面

裏ワザ4、iTunesリカバリーモード経由でiPhoneのロックを解除する

iTunesを使ってパスコードを忘れたiPhoneのロックを解除するのはよく使われている方法です。しかし、パソコンでiTunesを利用してiPhoneのバックアップや同期をしていなかったら、iPhoneをiTunesに正常に接続できますが、iTunesに認識されない可能性もあります。もし、iPhoneをiTunesに接続できない不具合に遭ったら、ここ をクリックして、解決策をご参照ください。

ステップ1、 手元のiPhoneをパソコンに接続しながら、パソコンでiTunesを起動しましょう。

ステップ2、 その後にはiPhoneを「リカバリーモード」にしてください。リカバリーモードに入る方法はiOSデバイスのタイプによって異なります。

ステップ3、 iTunes画面では「iPhoneに問題があります」のポップアップが出て、「復元」或いは「アップデート」の選択が要求されます。

アップデート 復元

裏ワザ5、iTunesのDFUモード経由でiPhoneのロックを解除する

リカバリーモードの他、DFUモードを介してもiPhoneを初期化することで、ロックを解除することも可能です。

ステップ1.パソコンでiTunesを起動します。

ステップ2.iPhoneをDFUモードにします。iPhoneをDFUモードにする方法で紹介する手順を参考にしてください。

ステップ3.iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを使用して、iPhoneを消去します。以前にiPhoneをパソコンにバックアップしていた場合は、それを使ってiPhoneを復元することができます。

裏ワザ6、機内モードでiPhoneの画面ロックを解除する

iPhoneのパスコードを忘れた時にiPhoneの画面ロックを解除するには、「機内モード」を利用することでアンロックすることもできます。「機内モード」とは飛行機内にいる時、iPhoneの無線通信を遮断するための機能となります。しかし、機内モードでiPhoneの画面ロックを解除する裏ワザはiPhoneに不在着信がある場合のみ使えます。そのため、事前にロック解除したいiPhoneへ電話をかけて不在着信を作っておく必要があります。

ステップ1、 iPhoneのロック画面を上から下へスワイプし、コントロールセンターを表示させます。そして、「機内モード」をオンにします。

ステップ2、 機内モードがオンにされてから、もう一度画面を上から下へスワイプし、通知センターを表示させ、不在着信をタップします。そうすると、iPhoneの画面ロックが解除されます。

iphone 機内モード

裏ワザ7、Siriを使ってiPhoneのパスコードを解除する

次に紹介するのは、Siriを使ってiPhone画面ロックのパスコードを解除する裏ワザです。この裏技を利用するには、iPhoneの「Hey Siri」機能が有効になっているのが必要な条件です。また、この方法はiOS 10.1以前のiPhoneで利用できますが、iOS 10.1以降のiPhoneでは利用できません。

ステップ1、 ロック解除したいiPhoneに「Hey Siri、今何時」と尋ねます。すると、ロック画面に時間が表示します。その時間をタップし、世界時計のアプリが開かれたら右上の「+」をタックして、検索欄に別の都市を入力します。

都市 入力

ステップ2、 入力した都市を二度タップし、表示されたメニューバーから「共有」>「メッセージ」の順に選択します。メッセージの作成画面で、宛先に適当な電話番号を入力して、「改行」をタップします。電話番号が緑色になったら二度タップしたら、背景も緑色になります。その後、もう一度電話番号をタップすると、「新規連絡先を作成」を選択し、「写真を追加」>「写真を選択」の順にタップします。

iPhone メッセージ

ステップ3、 そして、「モーメント」をタップして、5秒ぐらい待ってからそのままホーム画面に戻ってみます。これで、パスコードを入力することなくiPhone画面ロックを解除して、ホームページにサクセスできます。

裏ワザ8、Appleの修理ショップで初期化してみる

もし上記の方法を試しても、iPhoneの画面ロックのパスコードを解除することができない場合、iPhoneの初期化はやむを得ない最後の方法となります。

Appleの正規の修理店に行って初期化を依頼することでiPhone、iPad画面ロックのパスコード・パスワードを解除するのも可能です。Appleのサポートチームに操作を頼めば自分でiTunesやiCloudを利用しなくても安心に端末のパスコードを解除して端末を初期化できます。初期化によって、端末内のデータがすべて消去されるので、iTunesやiCloudでバックアップが取っていない場合は大変です。それを考慮すると、iPhoneやiPadのパスコードを忘れた時、修理拠点に行く前にはやはり上記の対処法を試して、手元の端末のパスコードを解除してみることをお勧めします。

もし、やむを得ずiPhoneを初期化して、データを失ってしまったら、心配することなく、iPhoneのデータ復元向けのツール「iPhoneデータ復元」を利用して、消去された大事なデータを取り戻しましょう。

パスコードが設定されていない場合は、端末下部のホームボタン、または端末側面のサイドボタンを押すことで、スリープモードから復帰することができます。 パスコード(数字、指紋認証、顔認証)を設定している場合は、設定にしたがってロックを解除すればよいです。 裏ワザを紹介する前に、まずはiPhoneの画面ロックを解除する一般的な方法を確認しておきましょう。

iPhoneのパスコードで画面ロックを解除する

iPhone パスコードを設定している場合、パスコードの入力画面に入り、数字か英数字の組み合わせで設定した4桁/6桁のパスコードを入力してホーム画面に進みます。

指紋認証(Touch ID)でiPhoneの画面ロックを解除する

指紋認証はiPhone5以降に実装された画面ロックの解除方式です。「Touch ID」とも呼びます。ホームボタンを搭載しているiPhoneがこれをパスコードの入力が不要でロックを解除できます。ホームボタンに自分の指を押して、登録した指紋が成功に読み込まれたら、画面ロックが解除されます。指が濡れている場合、解析ができず、反応しないことがあります。

顔認証(Face ID)でiPhoneの画面ロックを解除する

Face ID、いわゆる顔認証でロックを解除する方式はiPhoneⅩ以降に導入されました。Face IDという解除方式を設定したことがあれば、iPhoneの画面をタップしたり、持ち上げたりして起動させて、画面を直視するだけで、ユーザーの顔を解析し、持ち主であることを確認してから、ロックが簡単に解除されます。

音声コントロールでiPhoneの画面ロックを解除する

音声コントロールでパスコードを入力せずにiPhoneのロック解除も可能です。AppleはiOS 13で音声コントロール機能を導入しました。これは、手を動かずにiPhone/iPadを操作できるようにするアクセシビリティ機能です。パスコードを入力せずにiPhoneのロックを解除するなど、音声だけでコマンドを出すことができます。

以上の方法はパスコードを設定していない場合や、パスコードを覚えている場合に限って使用できます。 パスコードを設定しても、それを覚えていない場合は、通常の方法ではロックを解除できません。特に、Touch IDやFace IDが使えない場合、画面ロック解除のために、パスコードを入力しなければなりません。 ここでは、パスコードを忘れた場合、またパスワードが分からない場合、iPhone/iPadで通用するロック解除裏ワザについて説明します。

以上紹介された裏ワザを使うする前に、iPhoneの画面のロック解除を順調に行うために、注意しておくべきな点が以下のようです。

バックアップを取っておく

iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合にロックを強制解除するなら、初期化を必要とする裏ワザを利用すれば、デバイス内のデータがすべて消去されるので、事前にバックアップを取っておいたほうがいいです。

「iPhoneを探す」の設定をしておく

iPhoneの画面ロックが解除できない上に、iPhoneを手元になければ、iCloudの「iPhoneを探す」機能を使用して、遠隔でiPhoneのパスコードを削除する場合、「iPhoneを探す」をオンにしておくことが必要です。もし、「iPhoneを探す」がオフになっていったら、心配することなく、他のロック解除裏ワザを利用してみてください。

iPhoneの画面ロックが解除できない上に、デバイスを手元になければ、iCloudの「iPhoneを探す」機能を使用して、遠隔でiPhoneのパスコードを削除する場合、「iPhoneを探す」をオンにしておくことが必要です。もし、「iPhoneを探す」がオフになっていったら、心配することなく、他のロック解除裏ワザを利用してみてください。

ここでは、iOSデバイスでパスコードを入力して画面ロックを解除すること際に遭う可能性がある問題をまとめました。いざとなる時に、ご参考になれば幸いです。

iPhoneのパスワードなしで開く方法は?

設定したことがあれば、パスワードが分からなくても、顔認証または指紋認証を使用してiPhoneを簡単に開くことができます。以後もパスワードを使わずiPhoneを開けたいなら、以下の手順に従って、パスコードによるロック解除をオフに設定してください。

ステップ1.設定アプリで「Face IDとパスコード」或いは「Touch IDとパスコード」をタップする。

ステップ2.画面を下にスクロールして「パスコードをオフにする」をタップする。

ステップ3.Apple IDのパスワードを入力して、「オフにする」を押す

ステップ4.これでパスコードがオフになり、設定完了。

iPhoneのパスワード何回間違えたら、どうなる?

iPhoneの画面ロックを解除する時にパスコードを6回まで間違えて入力すると、iPhoneがロックされることになり、「iPhone は使用できません」というメッセージが表示されます。更に、10回までパスコードを連続で間違えて入力すると、iPhoneは自動的にすべてのデータを消去し、工場出荷時設定にリセットされることになります。このような場面を避けるように、パスコードを忘れた場合、無理やりにパスコードを入力しないでください。

iPhoneのロック解除に失敗したら、どうする?

iPhoneの画面ロックの解除に失敗したことを招く原因が色々あります。パスワードが分からない、パスコードを忘れた、入力画面をタップしても反応しないなどによって、ロック解除ができないことが引き起こされることが多いです。様々な原因によって対策も異なっています。具体的な情報は以下の関連記事をご参照ください。

以上は、iPhoneのパスコードを忘れた時にロックを解除するための7つの裏技です。どれもパスコードなしでiPhone画面ロックの解除に役に立ちます。その中いくつかの方法は何等かの条件を満たす上に利用できるため、より迅速かつ効率的にiPhoneなどのiOS端末のロックを解除したいなら、どんな場合でも対応する「Passvers iPhoneロック解除」を最初に利用したほうがおすすめです。使い方もシンプルで簡単な操作で作業を行えます。

人気記事
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments