iPhoneがリカバリーモードを解除する方法

目次

サマリー:

スマホを初期化しなくてiPhoneのリカバリーモードを解除したい人に、専門的な iOSシステム修復ツール「Passvers iOSシステム修復 」をおすすめします。無料利用もできるのでぜひお試しください。

iPhoneのリカバリーモードとは、iOSが起動・書き換えをする時にトラブルが発生したため、iPhone・iPadなどのデバイスが操作できなくなり、初期化を要求するモードです。リカバリーモードを実行したら、iPhoneはまた使えるようになりますが、データが全て初期化されます。本記事では、データが初期化されずにiPhoneのリカバリーモードを解除する方法をいくつ紹介します。もし、お使いのデバイスがリカバリーモードになったら、ぜひ下記の説明に従い試してみてください。

iPhoneの部品の故障によって、iOSを正常に起動できなくなっているのが原因の一つです。また、iOSのアップデートやバックアップ中にiPhoneのWi-Fi通信、或は電源が切れてしまったことでリカバリーモードになってしまいます。

iPhoneがリカバリーモードに入って復元できない状況になったら、まずは落ち着いて、以下の手順を試みましょう。くれぐれも、リカバリーモードを実行しないでください。

続いては三つのiPhoneのリカバリーモードを解除する方法を紹介します。iPhoneがリカバリーモードになると、まずは、iPhoneを再起動します。でも不具合の原因が色々あるため、再起動によってもiPhoneのリカバリーモードを解除できないかもしれません。また、iTunesでiPhoneのリカバリーモードを解除するのも一つの方法ですが、iTunesによる解除方法はリカバリーモード解除後にiPhone内のデータがすべて消えてしまうと困ります。だから、本記事ではもう一つの方法、iOSシステム修復フリーソフトによってiPhoneのリカバリーモードを解除する方法を紹介します。

①iPhoneを再起動

iPhoneの再起動によってリカバリモードが解除される場合があります。もし再起動できなくなってしまったら、強制再起動してください。でも、強制再起動できない状況もあり、強制再起動という操作が本体に負担をかけてしまう可能性もあります。

②「Passvers iOSシステム修復」でiPhoneのリカバリーモードを解除する

それでも戻れない場合は、iOSシステム復元ソフトを頼ることになります。ハードウェアによるトラブルは難しいが、ソフトウェアによる問題であれば「Passvers iOSシステム修復 」で、簡単なステップでリカバリーモードをすぐ復元・解除することができます。フリーモード、標準モードと高級モードという三つの修復モードがあり、自分のニーズに応じて最適モードを選んでiPhoneのリカバリーモードを解除できます。また、「iPhoneデータ復元 」で、バックアップからデータを復元することもできます。現在、iOS15も対応済みですので、iPhoneユーザーなら誰でも使えます。今直ぐ、リカバリーモードを解除しましょう!

モード1:フリーモードでリカバリーモードを解除する

ステップ1: まずはiPhoneをパソコンに接続して、iOSシステム修復ソフト「Passvers iOSシステム修復 」を立ち上げます。

ステップ2:「フリークイック修復」 ボタンがクリックするだけで、デバイスが自動的に再起動し、正常な状態に戻ります。

iPhone アクセス

モード2:標準モードでリカバリーモードを解除する

「フリークイック修復」 が効かない場合には、標準モードでiPhoneのリカバリーモードを解除しましょう。

まず、ソフトを起動し、 「その他のツール」 をっクリックして、中にある 「iOSシステム修復」 を選択します。次の画面に 「スタート」 ボタンをクリックしてください。

スタート

そして、「 確認」 をクリックします。そのあと、プログラムは自動的にデバイスの機種やiOSバージョンなどの情報を検出してくれます。確認したあと、 「修復」 ボタンをクリックして、修復が開始します。修復が完了したら、リカバリーモードを解除できます。

修復確認
修復確認

注意:
デバイスモデルの情報はデバイスの背面にあります。 このモードで修復したあと、デバイスのバージョンは最新版になります。修復する前に、バックアップを確認しておいてください。もし、バックアップしないデータがあると、修復が終わってから、上記のモード2の方法でデータを復元するのは可能です。また、ハードウェアによるリカバリモードは修復できません。

バックアップからリカバリーモードを実行したiPhoneのデータを復元

既にリカバリーモードを実行した方は完全にデータを失うことになるのでしょうか。「 iPhoneデータ復元 」は、iTunes・iCloudのバックアップからデータを復元することで、iPhoneを復元することができる。まだまだデータを諦めるには早いです。

iTunesのバックアップから復元するには、 「iTunesバックアップファイルから復元」 をお試しください。

「Passvers iPhoneデータ復元」 は 自動的にバックアップからファイルを解析し、復元できるファイルをプレビュー画面で表示します。 復元ボタンを押せば、データを復元することができます。

iTunesからアイフォンを復活

iCloudバックアップからの復元するには、「iCloudバックアップファイルから復元」をお試しください。復元したいiCloudのバックアップファイルを選択。それからはiTunesから復元するのと同じ、プレビュー画面が出て、ファイルを選択して復元を開始します。

iCloudからデータを見る

補足
iPhoneデータ復元 」は、iPhone・iPad・iPodなどの全てのiOSデバイスに対応しています。そのため、iPhoneだけではなく、全てのiOSデバイスのデータを取り戻せます。iOS15も既に対応できました、お試しはこちらです。

また、どんな状況でも対応できるように、大切なデータにはバックアップを取りましょう。

③iTunesのバックアップでiPhoneのリカバリーモードを解除する

iTunesでiPhoneのリカバリーモードを解除する時には、三つの注意事項があります:

1、iTunesが最新バージョンであること

2、 「自動同期」 の設定が 「停止」 されていること

3、事前にiPhoneのデータをiTunesでバックアップした事があること。

全ての準備が出来たら、iTunesでiPhoneのリカバリーモードを解除しましょう。

ステップ1  iPhoneをiTunesに接続する

まずiPhoneをコンピュータに接続して、iTunesを立ち上げます。iTunesは自動的にiPhoneが完全にリカバリーモードで動けなくなったことを検出することができます。

itunes-recovery-mode-ja

ステップ2 iPhoneのリカバリーモードを解除する

iPhoneのデータを失わずに問題を解決できる可能性があるので、まずは 「アップデート」 を選択してください。そうしても、リカバリーモードを解除できない場合には、 「復元」 ボタンを選択して、iPhone上のすべてのコンテンツを消去します。 後で、以前のiTunesバックアップでiPhoneを復元できます。

iTunesで解除

以上はiPhoneのリカバリーモードを解除する方法についての説明です。iPhoneがリカバリーモードになったら、まずはiPhoneを再起動をしてください。再起動しても戻れない場合には、他の方法を使ってみたください。iTunesはiPhoneのリカバリーモードを解除できますが、データを同じく削除するリスクがあるので、おすすめできません。

専門的なiOSシステム修復ソフト「Passvers iOSシステム修復 」は多種な修復モードを搭載する以上、勝手にデータを同期したり、削除したりすることなくiPhoneのリカバリーモードを解除できます。フリー体験版も提供されていますので。お使いのデバイスが故障したら、ぜひ 「Passvers iOSシステム修復」 を使ってiPhoneのリカバリーモードを解除してください。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments