【2023最新】iPhoneの画面ロックを解除できない時の対処方法

目次
概要
iPhoneの画面ロックを解除できない場合、今回はその対処方法を4つご紹介します。その中で、信頼できる「Passvers iPhoneロック解除」を使用すると、iPhoneの画面ロックを簡単かつ迅速に解除できますので、ぜひ無料でお試しください!
iPhoneを使っている場合、画面ロックを解除できないバグが発生することがあるでしょう。この記事では、iPhoneの画面ロックを解除できない原因を分析し、4つの効果的な解決策を紹介します。最新のiPhone14シリーズ/13/12/11/8/7/6/5/X/SEなど全モデルに対応しており、iPadで画面ロックを解除できない場合も同様の方法で解決できます。

原因1、iPhoneのタッチパネルが反応しない

この場合には画面ロックが解除できないというより、iPhoneのタッチパネルが反応しないでスワイプできないという問題でしょう。つまり、iPhone・iPadの画面ロックをほかの手段で解除できても、タッチパネルが反応しないとiPhone・iPadを正常に利用できません。

原因2、物理的な損傷でiPhoneの画面ロックを解除できない

物理的なトラブルによってiPhone・iPadの画面が割れてしまう場合、タッチパネルやセンサーの不調によって画面ロックを解除できないこともあります。また、ホームボタン付きのiPhone・iPadの場合、物理的な損傷により、ホームボタンで画面のロックを解除できない場合もあります。

原因3、iPhoneの画面ロックのパスワードを忘れた

パスワードを忘れてしまうと、アイ フォン画面を正常にタッチできてもロックを解除できません。また、iPhoneパスコードの誤入力が制限数を超えると、「使用できません」というメッセージが表示され、再び画面ロックを解除するまでに時間がかかります。その場合にはiPhone画面の修理作業よりパスコードを忘れた時iPhoneの画面ロックを解除する裏ワザを参考する方がいいでしょう。

原因4、正しいパスワードでiPhoneの画面ロックを解除できない

自分の入力したパスコードが合っているのにiPhoneの画面ロックを解除できないこともあります。iPhoneに高い負荷をかけるとそういう不具合が発生するかもしれません。

原因5、iPhoneのパスワードが分からない

中古のiPhone・iPadを購入した時、以前の持ち主がiPhoneを初期化したり、iPhoneのApple IDを削除したりしていない場合、新しい所有者は元iPhoneの画面パスワードを知らないと画面ロックを解除することができません。その時には画面ロックのパスコードどころか、中古のiPhoneからApple IDのアカウントを削除しなければ、新たなApple IDでサインインすることができません。

対処法1、画面ロック解除ソフトでiPhoneの画面ロックを解除🔥

iPhoneの画面ロックを解除したいが何らかの不具合で解除できない場合は、信頼性の高い専門的なPassvers iPhoneロック解除 の利用を最もおすすめします。数クリックでiPhoneの画面ロックを簡単かつ安全に解除することができます。 画面のロック解除だけでなく、Apple IDの削除、スクリーンタイムロックの解除などの機能を搭載しています。最新のiOS 16/15バージョンとiPhone14シリーズに対応し、ほぼすべてのiPhone/iPad/iPod Touchのロックを解除可能です。
次に、「Passvers iPhoneロック解除」を使用してiPhoneのスクリーンロックを解除する具体的な操作方法を紹介します。
ステップ1、まずはソフトをパソコンにインストールして起動します。表示された画面から「パスコード 解除」機能を選びます。
ステップ2、次には「スタート」をタップして、画面ロックを解除したいiPhone・iPadとパソコンを接続してください。
ステップ3、接続したiPhone・iPadが認識されるとソフトにデバイスの情報が表示されます。デバイス情報を調整した後、「スタート」をクリックしてください。
ステップ4、iPhone・iPadの画面ロックを解除するためのファームウェアパッケージがダウンロードされます。ダウンロードが終了した後では「アンロック」を押して「0000」を入力し、もう一度「アンロック」を押せば画面ロック解除が始まります。
ステップ5、iPhone・iPadの画面ロック解除が成功すると、デバイスの画面ロックのパスワードだけではなく、Touch IDやFace IDなども新しく設定することができます。
「Passvers iPhoneロック解除」を利用して、iPhone・iPadの画面ロックを安全かつ迅速に解除することができます。iPhoneの画面ロックを解除できない場合に最適な解決策です。あらゆる種類のロックを解除でき、成功率も非常に高いので、お見逃しなく!

対処法2、iTunesでiPhoneを復元して画面ロックを解除

iPhoneの画面ロックが解除できない場合は、パソコンのiTunesに接続することで、iPhoneを初期化して画面ロックを解除することができます。
ステップ1、パソコンでのiTunesを起動し、そしてiPhone・iPadをパソコンと接続します。iTunesでは自動同期機能がオンになる場合、自動的に接続したiPhone・iPadのバックアップが作成されますが、自動同期機能がオフになる場合には「今すぐバックアップ」を押して手動でバックアップを取ってください。
ステップ2、バックアップが終了したら、「iPhone/iPadを復元」を選び、表示されたポップアップの「復元」を押すと、iPhone・iPadの初期化と画面ロックの解除が始まります。iOSバージョンも最新にアップデートします。
iTunes iPadロック解除
ステップ3、初期化が終了すると、「このバックアップから復元」を選び、「続ける」を押します。これでデバイスの画面ロックが解除されるし、iPhone・iPadのデータはバックアップから復元されます。

対処法3、リカバリーモード・DFUモードでiPhoneの画面ロックを解除

上記の方法で画面ロックを解除できなくても、iPhoneをリカバリーモード・DFUモードにすることで、iPhoneを初期化して、ロックを解除するのも対処法の一つです。
ステップ1、iPhoneをパソコンに接続し、リカバリーモード・DFUモードに入ります。iPhoneのリカバリーモード・DFUモードの入り方はバージョンによって異なります。
ステップ2、パソコンでiTunesを開きます。iTunesで画面ロックを解除したいiPhoneを選択すると下記のポップアップが表示されます。次にはポップアップの「復元」を選んでください。
ステップ3、次に工場出荷時の初期設定画面に入りますので、「復元とアップデート」をクリックすると、iPhoneを初期化して画面ロックを解除します。

対処法4、iCloudの「iPhoneを探す」を使ってiPhoneの画面ロックを解除

iPhoneの画面ロックを解除できない場合は、iTunes以外に、iCloudの「iPhoneを探す」機能を通じて、パソコンなしでiPhoneの画面のロックを解除することもできます。
ステップ1、iCloudの「iPhoneを探す」機能がオンにしておけば、iCloudページにアクセスして、画面ロックを解除したいiPhone・iPadにサインインしていたAppleアカウントのApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。
ステップ2、その中のメニューから「iPhoneを探す」を選び、表示されたデバイスを選択してください。
ステップ3、表示された三つの機能の中から「iPhoneを消去」を選べば、iPhone・iPadの初期化が開始します。デバイスの中のすべてのデータの消去とともに画面ロックが解除されます。
画面ロックが解除
以上は、iPhoneの画面ロックが解除できない場合の原因や対処法をご紹介しています。最も直接的で効果的な方法は、Passvers iPhoneロック解除を使用することです。簡単な手順でiPhoneの画面ロックを簡単に解除でき、iPadの画面ロックが解除できない時も適用します。無料でダウンロードしてお試しください!
人気記事
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments