「解決済み」Face IDが使えない時の原因と対処法

目次

iPhoneで設定したFace IDでも時々不明の原因でうまく使用できなくなります。ここではFace IDが使えない原因を説明しながら、Face IDが利用できない不具合が出た時の対策を解説します。もし下記の方法でもFace IDが使えない問題を解決できない上で、iPhoneのパスコードも忘れてしまうと、専門的なiPhone画面ロック解除ソフトでロックを解除する操作手順も付きますのでぜひ参考にしてください。

一、Face IDが使えない、利用できない原因

iPhoneのFace IDは様々な原因によって利用できない可能性がありますので、問題の原因を把握してから、それ相応の対策を練りましょう。

原因1. iPhoneのiOSが最新バージョンに更新されていない

iPhoneのiOSが最新バージョンではないと、Face IDに不明エラーが発生して使えなくなる恐れもあります。そのため、できるだけお使いのiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしてください。

原因2. Face IDが無効になっている

iPhoneにFace ID機能を搭載していても、Face IDの設定をオンにしないと、Face IDを利用できません。iPhoneの画面ロックはFace IDで解除できるかどうかは自由に設定できます。

原因3. 顔が何かで覆われている

マスク着用時にFace IDを利用すると、Face ID専用カメラが顔を認識できない場合があります。iPhoneのFace IDを利用するためには一般的にユーザーの顔を全て認識させる必要があります。ちなみに、マスクで覆われるだけではなく、眼鏡をかける場合にも帽子を被っている場合にもFace IDを使えないことがあります。

原因4. True Depthに不具合がある

フロントカメラで写真を撮れても、iPhoneのFace ID専用のTrue Depthカメラに障害があれば、ユーザーの顔を識別することができなくなりますので、Face IDが使えなくなります。

原因5. 物理的な故障で顔を認識できない

iPhoneは水没や画面割れなどの物理的な故障によってソフトに不具合が発生し、Face ID専用のカメラが利用できなくなるリスクがあります。Face IDに関連するソフトとカメラに問題があれば、使えなくなるのも当然です。

二、Face IDが使えない不具合を修復する対処法

FaceIDが使えない時の対策は多種多様ですので、下記の対処法を一々試して、Face IDが利用できないエラーを修復するためにやってみてはどうでしょうか。

対処法1. iPhoneを再起動する

まずは万能薬の再起動でiPhoneを修復してみてください。多くの不具合が再起動されたら自然と改善されます。

対処法2. iPhoneを最新バージョンのiOSにアップデート

もし再起動した後でもFace IDが使えないと、iPhoneのiOSを最新バージョンに更新して、できるだけバグを修正してみてください。

対処法3. Face IDの設定を確認する

iPhoneのFace IDを設定していないかもしれませんので、チェックしてください。

1、iPhoneの「設定」アプリの「Face IDとパスコード」をタップします。

2、パスコードを入力し、「Face IDを使用」の下の「iPhoneのロックを解除」をオンにします。

3、そしてiPhone画面の操作ガイドによってFace IDを設定しましょう。

Face ID 設定

対処法4. Face IDの設定をリセットする

既存のFace IDをリセットすることで使えない問題を修復してみましょう。

1、iPhoneの「設定」>「Face IDとパスコード」を押して、パスコードを入力します。

2、「Face IDをリセット」をタップします。

3、もう一度「Face IDをセットアップ」を押してFace IDを設定しましょう。

Face ID リセット

対処法5. TrueDepthカメラを確認する

Face ID専用のTrueDepthカメラの周りには破損していないか確認してみてください。もしTrueDepthカメラが破損しているとFace IDが利用できないため、Apple修理業者やAppleサポートに修理を依頼する必要があります。

対処法6. Apple サポート・修理業者に連絡して修理する

もし上記の対策を試したとしてもFace IDが使用できないと、Apple修理業者やAppleサポートチームに連絡して、Face IDが使えない問題を報告し、iPhoneの修復を依頼してみましょう。注意すべきなのは、iPhoneの修理作業をすれば、中身のデータは失われる可能性が高いですので、できるだけ事前に重要なファイルをバックアップしておいてください。

三、【パスコードなし】Face IDが使えない時にiPhoneのロックを解除する方法

Face IDが使えない場合にも、実はパスコードを通じてiPhoneの画面ロックを解除できますが、Face IDを使い慣れて、パスコードを忘れた方もいますので、ここではパスコードやFace IDを入力しなくても「Passvers iPhoneロック解除」という専門的なiPhoneロック解除ソフトを活用すれば、簡単にiPhoneのロックを解除できるやり方について紹介します。

「Passvers iPhoneロック解除」の特徴:

  • Windows・Macに対応
  • iPhone・iPadの画面ロックを解除できる
  • 4種類のiOS端末のパスワードの解除に対応
  • Apple ID・iCloudアカウントを削除できる
  • 試用できる無料体験版あり

「Passvers iPhoneロック解除」でiPhoneのロックを解除する手順

ステップ1、「Passvers iPhoneロック解除」をパソコンにインストールしたら、ソフトを開き、「パスコード解除」を選びます。

iPhone パスワード 解除

ステップ2、次に「スタート」を押し、Face IDが使えなくてパスコードを解除できないiPhoneをPCに接続してください。

iPhone パスコード 解除

ステップ3、iPhoneの接続が成功するとデバイス情報が表示されます。自由に変更出来ますので、デバイス情報を調整し、確認してから「スタート」を押してください。

デバイス 情報 確認

ステップ4、では、Face IDが利用できないiPhoneの画面ロックを解除するためのファームウェアパッケージをダウンロードし始めます。

ファームウェア パッケージ ダウンロード

ソフトのダウンロードが完了すると、「アンロック」を押してから、「0000」を入力してもう一度「アンロック」を押してください。これでiPhoneのロック解除が開始します。

アンロック 確認

ロック解除が始まると、進捗状況はソフト画面で表示されます。進捗状況が20%になるとFace IDが使えないiPhoneが自動的にリカバリーモードになりますが、たまにもリカバリーモードにならないことがありますので、その場合にソフトではリカバリーモードに入る操作ガイドが確認できますので、iPhoneのタイプによって操作手順を参考にして、リカバリーモードにしてください。

リカバリーモード チュートリアル

ステップ5、iOSデバイスのロック解除が完了すると、iPhoneが正常に使えるようになります。パスコードだけではなくFace IDも解除されたため、再びFace IDとパスコードを設定しましょう。

iPhone ロック 解除

まとめ

Face IDが利用できない原因を分析し、そして上記の対処法を一々試して、不具合を改善してみてください。もし上記の対処法を全部使ってみたとしても問題を解決できないと、できるだけパスコードを覚え出してください。もしパスコードなしの場合にFace IDが使えないと、直接「Passvers iPhoneロック解除」というiPhone画面ロック解除ソフトでiPhoneのロックを解除してみてはどうでしょうか。

人気記事
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments